リブランコートの全成分を解析!副作用はない?

リブランコートの成分の効果と副作用は?

 

リブランコートには美容に効果のある成分がたくさん含まれています。

 

ここでは実際にどんな成分が含まれているのかその効果をひとつひとつ検証していきたいと思います。

 

また飲んで体にいれるものなので危険な成分ではないかはとても気になるポイントだと思います。

 

結論から言ってしまうと、リブランコートは薬ではなくサプリのため副作用はありません。

 

ですが成分の安全性や副作用についても詳しくまとめてみました。

 

リブランコートの成分とその安全性、効果を紹介していきます。


 

リブランコートの全成分表示

リブランコートの全成分表示

 

まずはリブランコートの全成分はこちらになります。

 

松樹皮抽出物、レッドオレンジ抽出物、ザクロ抽出物、リンゴ抽出物、セラミド含有米抽出物、アサイー抽出物、アムラ抽出物、エラスチン、豚プラセンタ抽出物/セルビトール、セルロース、ビタミンC、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、ビタミンA、ヒアルロン酸

 

6種類のスーパーフード

リブランコートに含まれるスーパーフード

 

リブランコートにはスーパーフードと注目の成分が6種類も配合されています。

 

中でも注目はブラバンジェノールで全成分表示では松樹皮抽出物となり一番最初に表記されていることで分かるようにたっぷりと配合されています。

 

ブラバンジェノール(=松樹皮抽出物)

フランス南西部ランド地方にある海岸松の樹皮から抽出される天然ポリフェノールです。

 

ポリフェノールは紫外線から体を守る作用があります。

 

フラバンジェノールはポリフェノールを多く含み、肌を若々しく保つ効果があるといわれています。

 

レッドオレンジ抽出物

イタリア・シチリア地方の特産物であるレッドオレンジ。

 

ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用があるため、紫外線によるDNAの損傷を防ぎ肌を守る働きがあります。

 

アサイー

ブラジル北部のアマゾン川流域の原産の果物です。

 

芸能人が美容・健康のために摂っていると話題になりましたよね。

 

アサイーにはポリフェノール・食物繊維・カルシウム・鉄分などの栄養素が豊富に含まれておりスーパーフードといわれています。

 

抗酸化作用、血行促進効果がありアンチエイジングでも注目を集めています。

 

アムラ

インドから東南アジアなどの山の斜面に生息しており、インドの伝統的な医学でも最も重要な木の実といわれています。

 

ビタミンC、ポリフェノールが豊富に含まれており、抗酸化作用により肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

 

ザクロエラグ酸

ザクロエラグ酸にはメラニン生成の原因となるチロシナーゼの活性化を抑える働きがあります。

 

紫外線によるメラニン生成を防ぐことでシミ予防につながります。

 

米グルコシルセラミド

米グルコシルセラミドは米胚芽由来の成分で肌のバリア機能を生成する効果があります。

 

肌に潤いを与え、紫外線から肌を守ってくれる効果が期待できます。

 

その他の注目の美容成分

リブランコートに含まれる美容成分

 

リブランコートは日焼けやシミ対策に摂取したい美容成分も豊富に配合されています。

 

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンでレチノール、レチナール、レチノイン酸が含まれています。

 

ビタミンAには皮膚や粘膜を再生する手助けをし、紫外線から目を守ってくれる効果も期待できます。

 

皮膚の新陳代謝促進効果もあるためターンオーバーを改善し美肌へ導いてくれます。

 

ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンで体内で合成することができません。
なので食事やサプリメントで補う必要があります。

 

ビタミンCにはメラニン沈着を防ぐ作用があり、美白効果がある成分として有名です。

 

ビタミンE

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

 

ターンオーバーを促進しシミやしわにもアプローチしてくれるため美容・アンチエイジングには必須の成分です。

 

プラセンタ

プラセンタとは胎盤から抽出された成分です。

 

アミノ酸やビタミン・ミネラルを豊富に含み、医薬品・健康食品・化粧品など広い分野で注目を集めている美容成分です。

 

肌のバリア機能を生成する効果があり、紫外線から保護する働きがあります。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は保水力が高く、美容医学の分野でも使用されています。
もともとは人の体にある成分ですが年を重ねるごとに減少してしまいます。

 

肌が乾燥している状態だと紫外線が入り込みやすくなるため、ヒアルロン酸での保湿は重要な紫外線対策に繋がります。

 

リブランコートの成分の安全性は?

リブランコートの成分の安全性

 

リブランコートの成分で過剰摂取が気になるものはビタミンAで妊娠初期に取りすぎてしまうと胎児の発達に障害がでる恐れがあります。

 

成分の配合量は少なめなので1日の摂取目安を気にするほどではありませんが妊娠授乳中時に飲みたい場合は医師と相談したほうがいいかもしれません。

 

またフラバンジェノールは過剰に摂取すると胃腸のむかつきや怪我をした時に止血がしにくくなることもあるようです。

 

一日の摂取量は必ず守って適量を飲んでくださいね。

 

他には植物や食物の成分が多く含まれているためアレルギーを持っている人は成分表示を確認してみてください。

 

具体的にはオレンジ、りんご、豚肉の食物アレルギーを持っている人は注意です。

 

成分自体は農薬検査や放射能検査も行われており、国内GMP認定工場で厳正な基準の下で製造されているため安全性は高いといえます。

 

まとめ

リブランコートは紫外線対策に効果的な成分が安全に配合されていることが分かりました。

 

ただし妊娠授乳中や食物アレルギーを持っている人は注意が必要です。

 

成分の効果については、リブランコートを3ヶ月飲んでみた私の変化を写真と一緒にレビューしているので参考にしてみてくださいね♪