飲む日焼け止めが効くメカニズムって?

飲む日焼け止めが効くのは何故?

 

最近では常識になりつつある「飲む日焼け止め」。

 

ですがどうしてサプリを飲んで日焼け止めの効果につながるのかイマイチ仕組みが分かりにくいですよね。

 

ここではそんな疑問を解消すべく

 

  • どうして日焼けしてしまうのか
  • 日焼け止め内側から効く理由

 

について紹介していこうと思います。

 

日焼けの原因とは?

日焼けは肌を守ってる?

 

飲む日焼け止めの仕組みについて説明する前に、まずは日焼けのメカニズムについて見ていきたい思います。

 

日焼けの原因は、太陽からの紫外線です。

 

紫外線を長時間浴び続けると、肌の細胞が傷つき炎症を起こしてしまいます。

 

つまり、肌がヤケドしたような状態になってしまうんです。

 

ですから日焼けすると肌が赤くなってヒリヒリしてしたり、さらには肌が乾燥してゴワゴワになってしまう場合があります。

 

こうなると跡が残ってしまったり、シミなどの原因にもなるので十分に注意が必要です。

 

日焼けにより肌が黒くなる理由とは?

 

日焼けして肌が赤くなった後は、だんだん肌が黒くなっていくのを感じますよね。

 

実は肌が日焼けして黒くなるのは、紫外線から肌細胞を守ろうとしているからであることをご存知でしょうか。

 

人間の肌は紫外線を浴びると、メラニン色素が生成され肌が黒くなります。

 

このメラニン色素が紫外線から肌を守ってくれるので、日焼けは実際のヤケドのようにひどくならないようです。

 

ちなみに、同じ量の紫外線を浴びても、肌が赤くなるだけで黒く日焼けしない方もいますよね。

 

これは肌が黒くなる方より肌が紫外線に弱く、メラニンを生成するスピードが遅いためであると言われています。

 

色黒の私は日焼けしても肌が黒くならない方がうらやましいと思っていたのですが、実は皮膚を紫外線から守る大切な役割があったんですね。

 

シミやシワができる原因とは?

加齢により現れるシミやシワなども、実は紫外線が原因であるといわれています。

 

先ほども述べたように、紫外線を浴びると肌を刺激から守るためにメラニンが生成されます。

 

このメラニンにより肌に色がつくわけですが、その状態が長く続くとシミができる原因となってしまいます。

 

ですからメラニンには肌を守る反面、シミの原因ともなってしまうという二面性があります。

 

また肌細胞が紫外線ダメージを受けると、シミだけでなくシワができる引き金ともなります。

 

メラニンには紫外線から肌を守る役割があると前述しましたが、実は防ぎきれずに肌の真皮まで届いてしまう紫外線もあります。

 

この場合、体内ではフリーラジカルと呼ばれる活性酸素が発生し、肌細胞が直接ダメージを受けてしまいます。

 

そうすると肌のターンオーバーの周期が遅くなり、シワができやすくなってしまう原因となります。

 

これは特に紫外線により黒く日焼けしない方に顕著に現れ、さらに肌のシワや乾燥にもつながってしまいます。

 

ですから紫外線により肌が黒くなる方よりも、しっかりとした日焼け対策が必要となります。

 

飲む日焼け止めの効果は内側から!

飲む日焼け止めの仕組み

 

飲む日焼け止めサプリメントは、肌の外側からではなく内側から紫外線対策をすることが可能となっています。

 

ですから飲むだけで日焼けにより肌細胞が傷つくのを防いだり、メラニンの生成が抑えシミの発生を防ぐことができます。

 

またサプリメントであれば紫外線から細胞を守るために必要な栄養素や、メラニンを抑制する成分を手軽に摂取することができます。

 

飲む日焼け止めと日焼け止めクリームはそれぞれ全く違った方法で紫外線から肌を守ってくれるものですので、全く別々のものであると考えた方がよいかもしれませんね。